算命学における天中殺

算命学における天中殺とは?

算命学をはじめ、高い的中率を誇る四柱推命や0学、六星占術などには、それぞれ天中殺や空亡、0のゾーンといった最も運勢が悪くなると言われる期間が存在します。

 

そして、これらの占術を行うと、ほぼ同時期にやってくることも分かっています。

 

では、算命学で最も運勢が悪くなると言われる天中殺とはいったいどのようなものなのか?

 

具体的に説明していきましょう。

算命学における天中殺記事一覧

天中殺とは?

天中殺とは、算命学の根本に当たる「十六元法」によって具体的に表現されたものです。分かりやすくした言葉では「不自然融合時間帯」と表現されています。その場所には空間が存在せず、時間のみが存在するという「不可思議な時間帯」のことを指します。これがいったいどういった意味を表すのかをご説明します。生き物が生き...

≫続きを読む

 

天中殺の種類 子丑・寅卯・辰巳

算命学の天中殺は、6種類のタイプや特徴が存在します。では、どのような種類の天中殺があるのかご紹介したいと思います。まずは、子丑(ねうし)天中殺、寅卯(とらう)天中殺、辰巳(たつみ)天中殺についてです。

≫続きを読む

 

天中殺の種類 午未・申酉・戌亥

算命学の天中殺は、6種類存在します。子丑(ねうし)天中殺、寅卯(とらう)天中殺、辰巳(たつみ)天中殺についてはご説明しました。続いて、午未(うまひつじ)天中殺、申酉(さるとり)天中殺、戌亥(いぬい)天中殺についてご説明します。

≫続きを読む

 

関連記事とスポンサーリンク