四柱推命占い師になる方法の第一歩について

占い師になる方法の第一歩として、四柱推命を選ぶ方も多いでしょう。

 

四柱推命とは、中国の陰(いん)と陽(よう)の五行説(ごぎょうせつ)を元にして誕生した占いです。

 

この世に生を受けた人間の、運命や巡り合わせを推察する占術の一つとお考えください。

 

キチンとした勉強は必要ですが、一流の四柱推命占い師になる方は、そのまま売れっ子占い師となっていることも多いように思います。

四柱推命占い師になる方法の第一歩記事一覧

四柱推命には複数の流派が存在し、日本でも「2つの流派」に分かれています。では、どのような流派の四柱推命が、日本に現存しているのでしょうか?まず、四柱推命が日本へやってきたのが「江戸時代中期頃」で、本格的に普及を始めたのが、江戸時代後期の「仁孝天皇朝」の年号である文政年間と伝えられています。諸子百家の1つである儒学を広めていた仙台の桜田虎門氏が、中国の淵海子平を翻訳し、推命書という表題で考証されたの...

四柱推命とは、古い時代から中国で行われている占術です。占い師を目指す方や、占いに興味のある方ならばご存知かと思いますが、四柱推命は占術の中でも最も高い的中率を誇ると言われています。しかし、その占い方によっては的中率じたいも大幅に下がってしまうことは、あまり知られていないようです。現在、四柱推命の研究も進んでおり、豊富な知識と経験によって鑑定結果を出す素晴らしい占い師の先生もいれば、占術を少しかじっ...

四柱推命は、四柱推命式(命式)を用いた占術で、古来より高い的中率を誇っています。人間は出生した瞬間から決まっている「先天的な運」と、努力や経験を基に変化する「後天的な運」を持っています。四柱推命では、四柱(年中・月柱・日柱・時柱)を基に個人の命式を作成し占います。ですが、中には、ご自身が生まれた「時間」を知らないという方もいらっしゃいます。そのため、生まれた「年月日」のみの命式を用いた占術を行うこ...

四柱推命の空亡についてご説明します。四柱推命では「命式」と呼ばれる図表を用いて、人間の過去や現在、未来を推測することが出来ます。その際に用いられるのが、十干と十二支です。四柱推命の世界では、今生では時間と空間で成立しており、十二支は時間を表し、十干は物質世界を表していると考えられています。そのため、四柱推命では命式を作成する際、十干と十二支を組み合わせた60種類の干支で占術されます。その際、十干で...

四柱推命は古代中国で政治や戦の方針を決断する際に用いられてきた占術です。この占術は、とても複雑で読み解くのも困難な命式を用いて個人の過去や現在、未来を視ることが出来ます。そのため、数ある占術の中でも最も高い的中率を誇ると言われています。そんな四柱推命で分かることとは、いったいどのような内容なのでしょうか。