天中殺とは?

スポンサードリンク

天中殺とは、六十花甲子から始まる

天中殺とは、算命学の根本に当たる「十六元法」によって具体的に表現されたものです。

 

分かりやすくした言葉では「不自然融合時間帯」と表現されています。

 

その場所には空間が存在せず、時間のみが存在するという「不可思議な時間帯」のことを指します。

 

これがいったいどういった意味を表すのかをご説明します。

 

生き物が生きていく上で、行う活動の移り変わりを「時間」と言い、時間を12に分けて十二支というかたちにします。

 

そして、生き物が生きるために活動を行う対応を「空間」と呼び、十干に当てはめて行きます。

 

時間を表す十二支と、空間を表す十干を組み合わせたものを「六十花甲子(干支:かんし)」と呼びます。

 

これは、算命学や四柱推命などの占術に使用されます。

天中殺とは不自然融合部分

しかし、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、時間を表す十二支は12種類存在するのに対し、空間を表す十干は10種類しかありません。

 

そのため、2つ分の空間が不足するかたちとなります。

 

つまり、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十干に、十二支を子から順に当てはめてゆくと、戌と亥の2つが余るのです。

 

この2つを「不自然融合部分」と呼び、戌亥(いぬい)天中殺という名称の天中殺となります。

 

戌から始まれば、2つの「不自然融合部分」は申と酉になり、申酉(さるとり)天中殺となります。

 

天中殺には6種類あり、それぞれの天中殺と、もろもろの条件を組み合わせ、何がどのように不足しているのか、どうなるのかを明らかにしてくれています。

 

ですので、必ずしも悪いと決められるものではありません。

 

天中殺と一般的に呼ばれるものは、12年に2度訪れる「年の天中殺」ですが、実は12ヶ月に2度訪れる「月の天中殺」や、12日に2度やってくる「日の天中殺」があります。

 

しかし、人生において多大な影響を及ぼすと言われているのが「年の天中殺」です。

 

ですから、事前に自分がどの天中殺に当てはまるのかを知っておくと、年の天中殺に入る前から対処することが出来ます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

天中殺の種類 子丑・寅卯・辰巳
算命学という占いにおいて天中殺は重要な役割を持つ占術の一つです。ここでは天中殺の種類についてご説明します。
天中殺の種類 午未・申酉・戌亥
算命学という占いにおいて天中殺は重要な役割を持つ占術の一つです。ここでは天中殺の種類の中から午未、申酉、戌亥についてご説明します。