風水の見方や道具、実践について

風水の見方や道具、実践について

風水の見方は、その場に存在する「気の流れ」を察知し、現在の環境が人にどんな影響を与えているのかを判断します。

 

ですから、風水の見方は、方角や鏡、色彩そして間取りに方位磁石の使用方法、インテリアの配置などなど・・・

 

環境上の全ての事柄に関する基礎をしっかり学ぶ必要があるのです。

 

もし、1つでも欠けてしまった場合、誤った判断を下してしまうことも考えられます。

 

そこで、風水で正しい見方を行うための道具や実践法について書いて行きます。

風水の見方や道具、実践記事一覧

風水の見方

風水の正しい見方を学ぶために、手に入れておきたい「風水道具」をご紹介します。風水は、主に方位によってその環境の良し悪しをみて行きます。そのため、正確な方位を調べるために用いられるのが「羅盤」です。羅盤は、風水を行う上で重要な道具ですので、本格的に風水を始める方は購入すると良いでしょう。羅盤の役割は、...

≫続きを読む

 

風水の見方の実践

風水の正しい見方を行うためには、「方位」についてしっかり学ぶ必要があります。たとえば、西の方角に「黄色のアイテム」を置くと金運がアップするという言葉を耳にしたことがあるかと思います。ところが、「西の方角」そのものが正確にを算出されないと、いくらその方角に黄色いアイテムを置いても効果は得られないわけで...

≫続きを読む

 

風水の見方 やってはいけないこと

風水でやってはいけないことの一つに、方位の計測の仕方が挙げられます。風水において、正確な方位を計測するのは、最も重要な行為の一つだからです。では、方位を正確に計測する際に「やってはいけないこと」をご紹介しましょう。方位磁石など方角を測る機器は、微量な電磁波でも狂いが生じます。そのため、方位磁石の近く...

≫続きを読む

 

関連記事とスポンサーリンク