人相占いにおける鼻から分かること

スポンサードリンク

人相占いにおける鼻から分かることについて

人相占いにおいて、鼻は壮年期の運勢を表しています。

 

その他にも、意志や財産、健康そして頭脳を明らかにします。

 

人相占いで最も理想的な鼻というのは、鼻全体がどっしりと据えており、程よい高さがある状態です。

 

これにより、壮年期の運勢も良好になりやすいです。

 

しかし、意志の強さを表す場合は、鼻の高さも重要になりますが、最も大切なのは小鼻が張っていることです。

 

小鼻が張っていると人相占いの世界では、物事を実行する力と意志の強さが現れると言われているのです。

 

また、財産に関する運勢を司るのは、準頭と呼ばれる部位です。

 

鼻先が大きくて丸っこく、尚且つ小鼻が張っており、程よい肉付きがあると財運に恵まれていると判断できます。

 

健康に関する運勢は、高さが無く、横へ広がっているどっしりと据えられた鼻を持つ方の方が長寿の傾向にあります。

 

頭の良い方はスラッと細くて高い鼻の方に多く見受けられます。

人相占いと鼻 部位の名称と意味

鼻にも、目などと同様、様々な部位の名称が存在します。

 

人相占いにおける鼻の部位(1)山根(さんこん)

 

鼻の付け根を指す「山根(さんこん)」は、眉と目の間にあります。

 

物事の理を悟り、適切に処理を行う能力や責任感を表しています。

 

また、幼少期から少年期までの問題を示唆します。

 

この場所が窪んでいると寿命や健康面、さらには仕事や家庭生活に問題が起こりやすくなります。

 

人相占いにおける鼻の部位(2)鼻柱(びちゅう)

 

鼻の中央部分にある部分を、「鼻柱(びちゅう)」と言います。

 

山根からスラっと伸びたこの部分から個人の意志の強さや闘争心の有無が判明します。

 

真っ直ぐに伸びている方は飾り気のない素直な方となり、持ち前の才能を発展させることが可能な健康と活気を有しています。

 

人相占いにおける鼻の部位(3)準頭(せっとう)

 

鼻先や鼻の頭を指す「準頭(せっとう)」は、愛情と金銭に関わる運勢が明らかにされます。

 

ぷっくらと丸みを帯びており、形状が良いと富と名声を手に入れることができ、成功者として名を残すことが出来ます。

 

人相占いにおける鼻の部位(4)金甲(きんこう)

 

小鼻を指している「金甲(きんこう)」は、経済的な能力を表しており、他にも金運を知ることが出来ます。

 

小鼻の張り方と形状によって、金遣いや仕事、そして対人関係の築き方などが明らかになります。

 

鼻は出世運や仕事運も分かります。

 

ですので、男性の方は、是非1度人相占いで自身の鼻を見てもらうと良いでしょう。

 

これから人相占い師を目指す方は、様々な形状の鼻が存在しますので、数多くの顔を見て目を養ってくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク